本店移転登記

本店移転登記はおとは司法書士事務所へ

本店移転登記とは?

会社の本店所在地を変更した場合は「本店移転登記」を行わなければなりません。
本店を移転した日から2週間以内に法務局で手続きする必要があり、手続きを行わずに放置してしまうと会社の代表者が100万円以下の過料(罰則金)を払わされる可能性があります。
長期間放置しているほど過料を払わされる可能性は高くなりますので、十分お気を付けください。

本店の所在地を変更するには定款を変更しなければならないケースもあります。
当事務所では本店移転登記とあわせて定款変更のお手続きもサポートいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

費用

本店移転登記は、同じ法務局管轄内での移転と管轄外への移転の場合とで登記にかかる費用が異なります。

MEMO
沖縄県内での本店移転は『同じ法務局管轄内での移転』となります。
沖縄県外への本店移転の場合はすべて『管轄外への移転』となります。

同じ法務局管轄内での移転

司法書士報酬 22,000円~(税込)

一般的な費用例

  司法書士報酬 実費
本店移転登記
(管轄内での移転)
22,000(税込) 登録免許税 30,000
法人調査 334円/1回
登記事項証明書 500円/1通
郵送料 1,040円~
合計 53,874円(税込)

※上記費用は一般的なケースです。会社の登記内容によって登記費用が異なる場合もございます。
※定款変更を要する場合等は別途費用が発生いたします。

管轄外への移転

司法書士報酬 44,000円~(税込)

一般的な費用例

  司法書士報酬 実費
本店移転登記
(管轄外への移転)
44,000(税込) 登録免許税 60,000
法人調査 334円/1回
登記事項証明書 500円/1通
郵送料 2,080円~
合計 106,914円(税込)

※上記費用は一般的なケースです。会社の登記内容によって登記費用が異なる場合もございます。