会社の設立は誰に相談?専門家を分野ごとにわかりやすく解説!

許認可・登記・税務・雇用・・・会社の設立は誰に相談?専門家の得意分野をわかりやすく解説おとは司法書士事務所

会社を設立したいけど・・・登記、税務、社会保険など、わからないことがたくさん・・・・誰に相談すればいいんだろう?
この記事では、会社設立をサポートする士業専門家を、得意分野別に紹介します!

おとはさん

会社の設立を専門家に相談するメリット

会社の設立では、聞き慣れない専門的な手続きがたくさんでてきます。会社設立登記に関するものだけでも、会社法に則った組織設計、定款の作成、定款認証、資本金の払い込み、登記申請などがあげられます。

手続きに不備があるまま会社を設立してしまうと、せっかく会社を設立したのに事業ができず設立した意味がないということも起きかねません。

おとはさん

作成した定款に不足があった場合、計画していた事業ができなかったり、許認可を受けることができなかったりといった問題が発生する危険性があります。

会社の設立を専門家に相談することで、設立手続きや設立後の事業がスムーズに進み、起業準備で忙しいタイミングで本業の準備に力を入れることができます。また、専門家のノウハウを活用することで費用面で有利になる場面もあります。

会社の設立は自分だけでもできるのかな?

会社の設立に関する手続きは、自分でもできます。自分で手続きをおこなうメリットは、費用(専門家に依頼した場合の報酬部分)の節約や、自力でやったという達成感を味わえることです。

まとめ-専門家に相談する4つのメリット

  • 設立手続きがスムーズに進む
  • 新会社でスムーズに事業をスタートできる
  • 設立手続きに時間をとられないので、新会社での事業の準備に注力できる
  • 専門家のノウハウで費用面で有利になることもある

おとはさん

子どもの出産ではみなさん産婦人科を利用しますよね。

会社が新しく誕生するときも、専門家のサポートを利用することをおススメします!

 

『会社設立の登記』に関する相談なら・・・

司法書士(しほうしょし)

会社を設立するには、会社設立の登記が必要です。会社設立の登記は、書類等を用意して法務局に設立登記の申請をおこないます。登記の専門家は司法書士です。司法書士は、会社設立に必要な書類の作成から登記申請まで、まとめてサポートすることができます。行政書士も会社の設立に必要な定款などの書類作成をおこなうことができますが、代理人として登記申請などの業務はおこなうことができません。

会社設立後も、登記手続き(役員変更したときなど)が必要な場面が訪れます。そういった登記の専門家も司法書士です。

自分で設立手続きするよりも費用が安くなる?

会社設立で電子定款という方法を利用すると、通常の定款と比較して40,000円費用を節約することができます。

司法書士の会社設立手続きでは、この電子定款を使用するので、自分で設立手続きを進めるよりも費用を節約することができます

司法書士に任せることで節約できる費用があるんだね。
司法書士へ依頼すると手数料(報酬)を支払う必要がありますが、一方で自分で設立手続きをおこなうよりも節約できる費用もあるんです。

おとはさん

株式会社設立はおとは司法書士事務所へ 株式会社設立 合同会社設立はおとは司法書士事務所へ 合同会社設立

『事業の許認可』に関する相談なら・・・

行政書士(ぎょうせいしょし)

飲食、介護、古物、運送、建設など、許認可が必要な分野で起業する場合、許認可に関する専門家は行政書士です。許認可の種類によって要件・条件が異なります。許認可に精通した行政書士へ相談することで、新会社での事業をスムーズにスタートさせることができます。

行政書士の会社設立のサポート

行政書士の会社設立サポートは、許認可などのサポートと、設立に関する書類作成(定款などの)がメインです。行政書士は代理人として登記申請ができないので、行政書士が設立に関する書類作成をおこなうときは、登記の申請に関しては、司法書士に依頼をしたり会社を立ち上げる人自身でおこなう必要があります。

  司法書士 行政書士
書類作成(定款など)
会社設立の登記申請 ×
許認可の申請 ×

 

『税務』や『会社の決算』に関する相談なら・・・

税理士(ぜいりし)

税務に関する書類の作成や会社設立後の決算など、会社のお金に関する専門家は税理士です。顧問契約を結び、会社の税務全般を任せるという会社も少なくありません。

税理士も、個人資産の節税に強い税理士や、会社関係の税務に強い税理士など、それぞれ得意分野があります。会社に関する税務に強い税理士へ相談することがおすすめです。創業融資の相談や資料作成のサポートをおこなう税理士もいます。

税務上、会社を設立するのと個人事業として事業をおこなうのではどちらが有利かといった相談や、会社設立時の資本金をいくらにするべきかといった相談もできます。

 

『社会保険』『年金』『雇用保険』に関する相談なら・・・

社会保険労務士(しゃかいほけんろうむし)

会社設立後の社会保険、年金や雇用保険などに関する専門家は社会保険労務士(社労士)です。アドバイスから手続きまで社労士に任せることができます。

『助成金』に関する相談も社労士

会社を起業したときや従業員を採用したとき、助成金を申請できる場合があります。このような助成金の申請についても社労士の得意分野です。

 

トラブルに巻き込まれたら・・・

弁護士(べんごし)

紛争処理の専門家は弁護士です。

会社設立時に紛争ということはあまりないかと思いますが、会社設立後、顧客や取引先とのトラブルが生じたとき頼りになるのは弁護士です。弁護士と顧問契約を結んでいる会社もありますが、顧問弁護士がいないときは、起業時にサポートを受けた専門家経由で弁護士の紹介を受けたり、各地域の弁護士会から紹介を受けるなどして、相談する方法があります。

 

トラブルの予防

トラブルを発生させないために、取引先や顧客と取り交わす契約書や約款の作成について、弁護士や司法書士、行政書士からアドバイス受けることができます。事前に法律的な視点で契約書をチェックすることで、トラブルの発生を防ぐことができます

トラブル発生後
(裁判、裁判外)
弁護士
トラブル発生前
(契約に関する法律的な相談など)
弁護士
司法書士
行政書士

各士業の得意分野まとめ

税理士から、税務・資金繰りについてのアドバイスを受けて・・・、司法書士に会社形態や定款について相談して、設立登記お願いして・・・、新会社での許認可関係は専門の行政書士にお願いして・・・、自分は、新会社での事業の準備に集中しよう!

弁護士 紛争関連
税理士 税務・決算
司法書士 登記
行政書士 許認可
社会保険労務士 社会保険・助成金

専門家にはそれぞれの得意分野があります。必要な専門家のサポートを受けて会社の設立を成功させてください。

こんなにいろんな種類の専門家、どうやって探せばいいの?

自分に合う専門家が一人見つかれば、その人から専門家同士のつながりで、他の専門家紹介をしてもらうこともできます。

このサイトを運営する『おとは司法書士事務所』でも、ご希望に応じて他の専門家を紹介し、連携を取りながら新会社設立をサポートします。

おとはさん

その他の相談

この他にも、起業のサポートや情報発信をする機関はあります。

  • 商工会
  • 商工会議所
  • 自治体の商工課
  • 金融機関の創業支援サポート
  • 起業セミナー
  • 中小企業診断士

おとはさん

これからそれぞれご専門の分野で起業する皆さんも、会社の設立については専門外という方がほとんどかと思います。必要な専門家と連携して、悩まずスムーズに会社を設立し、新しい会社での事業をスタートさせてください!

株式会社設立はおとは司法書士事務所へ 株式会社設立 合同会社設立はおとは司法書士事務所へ 合同会社設立